東京経営管理協会-東京経営管理事務所- ホームに戻る

H26.2 事務所を移転しました。
H25.9 様式・書式データを変更しました。
H25.2 助成金情報を更新しました。
H25.1 1/1より東京経営管理事務所の名称・代表者が変わりました。

労働保険(労災保険・雇用保険)の事務手続き
『メールで簡単、労働保険事務手続き』
労働保険の手続きは、何かと時間と労力がかかり、面倒な業務です。労働保険事務組合に委託すれば、メール・FAX及び郵送等で事務処理が行え、省力化になります。また、専門のスタッフが責任を持って対応。「親切」「迅速」「正確」をモットーの、まかせて安心、東京経営管理協会にお任せ下さい。
  事務委託の流れ(労働保険、雇用保険、労災保険共通)について
 
  労働保険事務組合への事務委託のメリットは
 
  • 労働保険料が、額の多少に係らず3期分納が認められます。
    委託してない場合は、一定額以上でないと分納できません。
  • 経営者や役員、さらにその家族が、業務上の事でケガや病気をした場合、労働者と同じく給付が受けられる労災保険の「特別加入制度」も、ご利用いただけます。
  東京経営管理協会への事務委託のメリットは
 
  • 当協会では事業主からの事務処理の依頼は迅速に行えるよう、メールを利用した電子申請を促進しております。例えば雇用保険の取得、喪失、離職票作成の事務手続きは当協会では所定の用紙をデータ化しており、そこに事業主が必要項目を記載後、メールに添付し、当協会にデータ送付する事で、あとは当協会のスタッフが役所への届出を行いますので、事業主や総務の方の手間が省け、また役所に出向く必要はありません。メールでのやり取りができないものについては、郵送又はFAXを使用し、電子申請を補完する体制を整えています。
  • 中小企業退職金共済制度の加入手続き
  • 小規模事業主共済制度の加入手続き
  • 労働災害共済の加入手続き
  • 定期健康診断を実施されていない事業所の皆様の健康管理のため、定期健康診断実施医療機関を紹介します。
  • 当協会では、社会保険労務士事務所も併設しているので、社会保険の手続き・就業規則の作成等、労働保険事務組合では行えない業務も可能で、労務管理をTOTALに行える体制を整えています。
【協会・社会保険労働事務所案内】
団体名
厚生労働大臣認可  
労働保険事務組合 東京経営管理協会
(認可記号番号 東京 第347号)
(事務組合整理番号 13-3076)
社会保険労務士事務所  東京経営管理事務所
(登録番号 第 13060483 号)
スタッフ 10名
委託事業所数 600事業所
住 所 〒102-0072 
千代田区飯田橋1ー12ー15 福岡第4ビル3F
TEL 03-3264-5021
FAX 03-3230-0248


▲このページの先頭へ

Copyright東京経営管理協会 東京経営管理事務所.All right reserved.